目標は「達成したか?」だけじゃなく、「そもそも本当に良い目標だったのか」を振り返ったほうがいい。

名古屋に向かう途中で見えた富士山が綺麗

2015年も、とうとう最後の日。
今年の振り返りをしていると、SNSや会話の中でよくこんな感想が聞こえてきます。

「そういえばあれをやろうと思っていたのに、できなかった。成長したのかな」
「そもそも、毎年目標って忘れちゃう…」などなど。

かくいう私も、「もっとブログ書こうと思ったのに…」「軍艦島に行くって決めていたのに…」など、振り返るとついついできなかったことを考えてしまいます。

しかし、そもそもその目標は、あなたにとって良い目標だったのでしょうか?


投稿者名 きとうかよ 投稿日時 2015年12月31日 | Permalink

社会人になって、コワーキングスペースでのアルバイト経験の学びを振り返る。(近況報告を兼ねて)

「ベースキャンプ名古屋」のオーナーの一道さんと卒業した日に!

 コワーキングスペースで働いていた経験は、社会人になっても生きているなぁとおもったので、退職して1年近く経ちますが、コワーキング Advent Calendar 2015に参加することにしました。(運営者ではなく、利用者として)

私が働いていたのは、名古屋駅から徒歩10分のコワーキングスペース「ベースキャンプ名古屋」。大学生時代に、そこで会員として利用をはじめ、のちに2014年の約1年間をアルバイトスタッフとしてお世話になりました。

そして現在は、中小・ベンチャー企業へWebマーケティング支援をするソウルドアウト株式会社にて、Webマーケティングのノウハウ発信メディア「 LISKUL(リスクル) 」の運営と広報を、東京でしています。


投稿者名 きとうかよ 投稿日時 2015年12月13日 | Permalink

背中を押して、勇気をくれる本。山口絵里子さんの「自分思考」


引っ越してから、何よりも幸せだなと思うことは、生活を自分の好きなものだけでつくることができること

旅費のためにひたすら貯金をしていた学生の頃は「とにかく安いもの」を選んでいましたが、今は「自分にエネルギーをあたえてくれるもの」で周りを固めたいと思うようになりました。

例えば、青い壁紙。感情的な部分の強い自分は、部屋でいちばん目に入る色は「冷静な気分になれる青がいい」と思っていましたが、親元にいる間はなかなか叶いませんでした。

他にも、腕時計やマグカップは心のこもった贈り物だったり、コースターは震災被災地で作られたものだったり、iPodもエイズ支援の色を選んだり。自分が見るたびにエネルギーを感じるもので周りを固めることは、辛いときに何よりも元気と勇気をくれます。

そしてとうとう先日、お財布と名刺入れを新調!

「裸でも生きる」という本で有名な山口絵里子さんの「マザーハウス」ブランドのものを、せっかく東京にいるということで、本店へ買いに行きました。



投稿者名 きとうかよ 投稿日時 2015年04月05日 | Permalink

自分のやりたいことと親の意見が合わなくて悩んでいる人へ。新社会人になる自分から、5年前大学に入学する自分に伝えたいこと。


明日から、新年度ですね。入社・入学など新たなステージへすすむ方も多い季節。実は、私自身も明日からとうとう新社会人です。4年半の学生生活では、休学、海外留学、バックパッカー、突然の復学、(実家が近いのに)一人暮らし、企業でのインターン、そして東京での就職活動などいろいろなことに挑戦してきました。

でも、これらのことを家族は簡単に許してくれたわけではありませんでした。実は、こういうことがしてみたいけど、家族が心配するし、反対するからできない。私もそういうことにずっと悩んでいました。


投稿者名 きとうかよ 投稿日時 2015年03月31日 | Permalink

無料がん検診になんとなく行ったら、幸運にも「卵巣の腫瘍」が見つかったお話。

あなたは「健康には、自信がありますか?」と聞かれたら、 どう答えますか?

私の場合は、結構自信が「あった」んですよ。嫌いなものとかほとんどなくて何でも食べられるし、馬鹿みたいに長い時間働けるし。インフルエンザとかも一度もかかったことないし。姉妹そろって、小学校に入学してから高校を卒業するまで無欠席、というよくわかんないくらい強い遺伝子持ってるし。

ですが、先日ちょっとした診断書をもらってしまいました。



投稿者名 きとうかよ 投稿日時 2015年03月30日 | Permalink