選択されているタグ : 漫画

設定のインパクトに負けないで! 池田理代子『おにいさまへ…』はすごく読む価値がある名作だった


『ベルサイユのばら』で有名な池田理代子先生の作品『おにいさまへ…』(全2巻)を初めて読みました。

10年近く前から存在を知っていたのですが、やっと手に取った作品。後述しますが「どう考えても、設定だけでお腹いっぱい」な作品なんです……。

しかし、しかし! そんなことは忘れて思い切って読んだら、これが非常に面白い! 大変な良作! 気持ちを忘れないうちに書評として残しておこうと思います。


投稿者名 鬼頭佳代 投稿日時 2018年05月27日 | Permalink

「はいからさん」はネガティブな言葉!? 「はいからさんが通る展」は、ファンが作品をもっと深く楽しめるようになる展示だった


大和和紀さんの漫画「はいからさんが通る」は、今年2017年は宝塚歌劇による舞台化(←チケット即完売で手に入らず……)や38年ぶりのアニメ映画化(←正直不安な気持ちで観にいったら、最高だった)とさまざまな展開があり、ファンの間では静か(!?)に、大盛りあがりしています。

12月某日、東京は本郷にある弥生美術館・竹久夢二美術館で開催された「『はいからさんが通る』 展 ~大正♡乙女らいふ×大和和紀ワールド!~」を見て来ました。


投稿者名 鬼頭佳代 投稿日時 2017年12月23日 | Permalink