年末に113km歩いたスペイン巡礼が、本当に最高だった話【社会人の冬休みでも】


日本でも少し前に書籍などで話題になった”スペイン巡礼”。小野美由紀さんの「傷口から人生」という本を読んで以来、「私もいつか歩いてみたいなぁ」と思っていた道。

とはいえ、日本の会社員である私はいきなり2ヶ月のような長い休暇は取れませんでした。しかし、よく数えてみると年末休暇に少し有給を合わせれば、ちょっと長めの休みが取れるのでは? そこで、思い切ったのが去年のこと。

これが………とても良かった!

総論を数字でいうと、
・予算10万円(私の場合は7万円)
・最低滞在日数7日間
・徒歩距離113km
・バックパック重さ8kg
でいけます。

ところが、春や夏の巡礼の記事はあるものの、年末・真冬の情報はあまりなかったので、社会人でもいける現実的な年末スペイン巡礼情報としてまとめます。ちょっとでも雰囲気が伝われば。


投稿者名 鬼頭佳代 投稿日時 2017年11月01日 | Permalink

自分のやりたいことと親の意見が合わなくて悩んでいる人へ。新社会人になる自分から、5年前大学に入学する自分に伝えたいこと。


明日から、新年度ですね。入社・入学など新たなステージへすすむ方も多い季節。実は、私自身も明日からとうとう新社会人です。4年半の学生生活では、休学、海外留学、バックパッカー、突然の復学、(実家が近いのに)一人暮らし、企業でのインターン、そして東京での就職活動などいろいろなことに挑戦してきました。

でも、これらのことを家族は簡単に許してくれたわけではありませんでした。実は、こういうことがしてみたいけど、家族が心配するし、反対するからできない。私もそういうことにずっと悩んでいました。


投稿者名 鬼頭佳代 投稿日時 2015年03月31日 | Permalink

スーツケースもバックパックも持たずに、海外ひとり旅してきたよ。(弾丸女ひとり旅の持ち物リスト付き)

海外に行き慣れてきても、荷造りには意外に時間がかかるもの。
特に移動が多い旅だと、スーツケースを引きずって行くのも、なかなか大変です。

以前は、一般的なバックパックを背負って旅行したこともあったんですが、慣れていないと重い!まじで!
ところで、そもそも「海外旅行に大きいバックパックは本当に必要なのでしょうか?」




そこで、10日間で3カ国(インドネシア、マレーシア、シンガポール)を周るという弾丸ひとり旅の際に、試しに荷物を自分の許せる限り小さくしてみました!旅の種類としては、「暑い国へ」「衛生的にはまあまあ」「節約したいけど、野宿はしない。安宿に泊まる」な典型的な安旅。カバンは、たまたま持っていたショルダーバッグを利用。

実際にやってみて思ったのは、「効率面」「衛生面」「安全面」のすべてから、荷物は小さく、軽い方がいい!ということでした。(特に女性がひとりで旅をするならば。)


投稿者名 鬼頭佳代 投稿日時 2015年02月23日 | Permalink

マレー鉄道の夜行列車に一人で乗ってみた。(シンガポール→クアラルンプール編)

旅好きのあいだでは有名な、沢木耕太郎さんの「深夜特急」の中でも描かれているマレー鉄道。(実は、この巻は読んでないのですが…)

先日、その「マレー鉄道(KTM)の夜行列車」で、シンガポールからクアラルンプールまで移動しました!

正直にいうと、「予想より素敵でおすすめ!」だったにもかかわらず「最近の情報があまりなかった…」ので、めずらしく旅行記などを書いてみようかと。



投稿者名 鬼頭佳代 投稿日時 2015年02月20日 | Permalink

海外でコワーキングスペースを使う魅力って?クアラルンプールのコワーキングスペース「MAKE SPACE」に行ってきました◎


留学、バックパッカー、旅行・・・。ちょっと長期で海外の同じ都市に滞在したり、何度も同じ都市に行く機会があると、観光もし尽くしてしまって、ちょっとだけマンネリ感が漂うことってありませんか?

例えば、私がしている語学留学などは、学校と家の往復が基本。海外に滞在しているといっても、意外にも同じことを繰り返すだけの毎日だったり。

「ああ、なんかマンネリだ・・・。ちょっとでいいから刺激がほしい!」
そんな時は、ぜひ「コワーキングスペース」に行ってみてはいかがでしょうか。


投稿者名 鬼頭佳代 投稿日時 2014年12月17日 | Permalink