「学生のうちに遊んどきなよ!」という言葉の本当の意味。


このお盆休みの間に久しぶりにお会いした社会人の方に「大学生のうちに、遊んどきなよ!」と言われる度、何とも言えないもやもや〜っとした違和感を感じてきました。

就職活動中は、働くことについての色々なアドバイスをくださった方も、なぜか就職活動が終わると「遊ぶこと」を薦めたり、場合によっては人事担当者がその「遊び」という言葉を使ったりすることもあります。

「学生は、時間はあるがお金はない。社会人は、お金はあるが時間はない。」
というのは、非常によく言われること。

しかし、私たち学生側も「会社が求めているのは即戦力だ!」やら、「あなたの就く仕事は10年後にまだあるとは限らない!」など、たとえ内定をもらっていても、心の奥底では様々な不安や焦りを感じています。


投稿者名 鬼頭佳代 投稿日時 2014年08月18日 | Permalink

ぷち応援のススメ。

インドのお土産が届いたよ!



お届けものを開いた途端、あのアジアの匂いがふわーって来て、「めっちゃアジアだー!」と、喜びました。(後で本人に聞いたら、完全に「匂い」が狙いだったらしく、まんまとハマったようです。笑)

実は、これは、大学の後輩の山口夏未ちゃんがクラウドファンディングしたプロジェクトからもらったもの。クラウドファンディングとは、簡単に言うと、何かをやりたい人がインターネットを通して応援者を集めること。

「世界一周中を仕事にする!」を掲げる彼女が、インドでそのノウハウを学ぶための研修費用を集めるプロジェクトでした◎
日本の若者を元気にするために、インドで『世界』を学びたい!!

私の知り合いで、クラウドファンディングをやったのが、彼女が初めてだったこともあり、少額ですが応援をしました。


投稿者名 鬼頭佳代 投稿日時 2014年08月10日 | Permalink

昆虫食って思ったより身近だった件。(そういえば、昔食べた。)

一般社団法人リディラバ名古屋支部が行う社会問題トークに行ってきたよ( ´ ▽ ` )ノ


テーマは、最近注目の「昆虫食」。


えっ、昆虫?って感じだと思いますが、内容が面白かったのと、食糧問題は先日のTEDxを聞いてから興味が湧いた分野だったので、備忘録も兼ねてまとめます。

スピーカーは、アマゾンを旅された鈴木さん(左)と、昆虫食に興味があるという原さん(右)。
鈴木さんのPCの画面に映ってるのが旅の途中に出会った昆虫食。ワーム系ですね、いもむし。



投稿者名 鬼頭佳代 投稿日時 2014年06月08日 | Permalink

「漫画貧乏」の冒頭マンガを読んでください!(だって、今無料だし!)



↑無料ですよ!無料!信じられない!けど佐藤先生ならやりそう!

以前に私が大衝撃を受けた本である「漫画貧乏」が無料になっていたので、ご紹介します。
漫画家という仕事、出版社との関係、そして10年後も漫画はあるのか?そんなことを現役の漫画家さんである佐藤秀峰さんが、ものすごーーーーーーく生々しく書かれています。

『海猿』『ブラックジャックによろしく』などのヒット作で知られる漫画家・佐藤秀峰が漫画業界、出版業界の矛盾に真っ向から立ち向かう!!10年後も漫画はあるのだろうか!?出口の見えない出版不況、台頭する新メディア…描いても描いても、原稿料では赤字続き…『海猿』『ブラよろ』の作者の漫画の未来に向けた、孤独な挑戦と実験の記録。

投稿者名 鬼頭佳代 投稿日時 2014年06月06日 | Permalink

ご縁から、はじめる。
〜クーリエ・ジャポンDE朝食会@名古屋を始められた理由。〜

2014年4月から月に1回名古屋駅周辺で講談社の「クーリエ・ジャポン」という雑誌をテーマにした読書会を開いております。
この6月で3回目の始めたばかりの小規模読書会ですが、今までに約20名ほどの方にご参加頂いてます。



↑第1回開催の様子。初めての開催でしたが、多くの方が来てくださいました:)@ベースキャンプ名古屋

クーリエ・ジャポンDE朝食会とは?
新宿で読者から始まった、講談社公認(?)のイベント。
雑誌「クーリエ・ジャポン」を読みながら朝食を食べ、その記事や視点に対して語る会です。
今では、英語で行う会や100人集めて行う会や編集部の方を読んで行う会など、さまざまなバリエーションで全国開催されています。

投稿者名 鬼頭佳代 投稿日時 2014年06月04日 | Permalink

学生『だから』伝えられるたった1つのこと
〜TEDxNagoyaUの学生オーディションを見て〜

6月1日、名古屋大学にて開催されたTEDxNagoyaUの学生オーディションを見てきました。



↑看板がカッコいい。名古屋大学の会場もカッコいい。笑


投稿者名 鬼頭佳代 投稿日時 2014年06月01日 | Permalink